健康のセミナー(無料)でガン予防の話を聴いてきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は健保組合のセミナーを聴講しました。

セミナーの内容が興味深かったので、
ブログに書こうと筆をとりました。

 

「生活習慣とガン予防〜ガンになるリスクを減らすために〜」

総合検診センターヘルチェック
鈴木理恵氏

 

昨今の日本におけるガンの現実

そもそも日本人の2人に1人が、一生に一度はガンになるというデータがあるようです。

2016年の死因順位別死亡数の第1位はダントツでガン(37万人)です。
ちなみに第2位は心疾患で20万人。

さらに男女別でガンになる原因を調べたところ
上位3位は以下の通りです。

 

[男性]
1位 喫煙、受動喫煙
2位 感染
3位 飲酒

[女性]
1位 感染
2位喫煙、受動喫煙
3位 飲酒

 

男女ともに、喫煙と飲酒が上位を占めており、
ガン患者の人数を男女比にすると男性:女性は2:1です。

 

「喫煙」「飲酒」「食生活」「運動」「肥満・痩身」など、
これら生活習慣が関与しています。

 

●タバコ

タバコの煙には約4,000種類もの化学物質があり、そのうちの200以上が有害物質です。
曰く「毒のかたまりです」とのことです。

 

肺の写真を見ましたが、まるでタバコを吸っている人の部屋の壁と同じように真っ黒に汚れていました。

 

加熱式タバコならいいのか、というとそうでもないようです。

通常のタバコと同様に有害物質も入っていますし、
エアロゾルという粉末状の物質にも問題があるようです。

 

この前の飲み会で、IQOSを吸う人の隣に座りましたが
吐き出した煙がとても臭かったです。

 

タバコを吸わない人にとっては、普通のタバコであろうと加熱式であろうと
煙が有害で臭いことに変わりはありません。

 

不思議なことに先生がタバコの話をし始めたら、
会場の人たちがいっせいに咳こんでいました。

 

不思議ですね。笑

 

●飲酒

飲酒をして体内にお酒が入ると、肝臓でエタノールが酸化しアセトアルデビドという物質を作り出します。

これが二日酔いなどの原因となっており、発がん性があると示唆されています。

(ご参考)
アセトアルデビドに係る健康リスク評価について -環境省

アルコールの過剰摂取による肝硬変や肝がんになった肝臓の写真を見せてもらいましたが、
ぐちゃぐちゃに膿んでおり気持ちが悪かったです。

 

肺でも肝臓でも、自分の体の中は目に見えないので実感が薄いですよね。

 

 

●食生活

  • 塩分取りすぎ
  • 野菜や果物をとらない

このような食生活をしている人は、ガンになる確率が上がるようです。

 

・塩分について

日本人の食事摂取基準(厚生省)では、1日あたりの食塩摂取量について
男性8g未満、女性7g未満を推奨しています。

 

目安は以下の通りです。

濃口醤油 2.6g
薄口醤油 2.9g
そば   3g
インスタントラーメン 6g

 

日本人の1日の平均食塩摂取量が12~13gなので、いつもの半分の量でいいそうです。

 

・野菜果物をとる

今のところ、がん予防と野菜果物をとることの積極的な関連性は低いようです。
ただ、発がん性物質の対外への排出(デトックス)を担っているとのこと

 

摂取の目安は以下の通りです。

  • 生野菜350g(両手にいっぱい分)
  • 果物200g(りんご1個、バナナ2本、みかん2個のいずれか)

 

●運動と適正体重の維持

健康維持が一番のがん予防とのこと。

・毎日60分くらいの歩行かそれと同等の運動
・太りすぎず、痩せすぎず。ちょうどいい体重をキープする

この2つがポイントです。

 

健康一番!

 

基本の基本が一番大切です。

 

でも、なかなか定期的に運動を続けたり
体重をキープし続けるのはしんどいです。

 

「継続は力なり」で自己管理が重要ですが、、、

あなたは健康のために取り組んでいることはありますか?

 

ぼくはiPhoneのアプリを活用し、積極的に健活しようと思います!

睡眠、マインドフルネス、運動など心身の健康に関する項目があり
気楽に管理しやすいです。

 

継続するかどうかは、、、

お楽しみに。笑

 

気づき

セミナーで先生が「できることからコツコツと始めるといいでしょう」と仰っていました。

ぼくは歩くのが好きなので、意識してウォーキングしようと思いました。

1日10,000歩を目指したいところです。

 

ものと同じで、カラダは使わないと早く劣化します。

逆に使いすぎも負荷がかかりすぎてマイナスです。

バランスよく、いい按配でカラダと付き合っていけば
年齢を重ねてもパフォーマンスを維持向上できます。

人生100年時代

心身の健康へ主体的に関わり維持向上させていく
ウェルネスがますます必要と再認識しました。

 

ガンにならないことを目的にして運動や食事を改善するのではなく、
自分のカラダを大切に扱い普段から愛情持って接することで
結果的にガンを予防していけるといいですね。

ヒーリングゆる楽〜You-Ru-Luck〜 公式ライン@


工事中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。