瞑想していると体が揺れる・・・これって何?考えられる理由をお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瞑想しているとき、、、

ふと気づいたら小刻みに体が揺れている
体がぐるぐる回る など

体が揺れる不思議な体験を
したことがありますか?

スポンサードリンク

今回は瞑想中に体が揺れる理由をテーマに
お話いたします。


瞑想中に体が揺れる理由について抑えておくこと

前提としておさえておきたいこと。

それは「体が揺れる理由はさまざま」だということ。

一概に断定できないくらい、たくさんの原因があるのです。

これより体の揺れの大小によって
どんな理由が考えられるかをお話しますが
ご参考程度に読んでいただければと思います。

 

瞑想中に体が揺れる(揺れが小さい場合)

 

[揺れているときの感覚]

  • 揺れている感覚があまりなく小刻みに揺れる感じ
  • 体が無意識に振動している感じ

自分ではあまり感覚がないけれど
瞑想をしているときに揺れているね、
と人からフィードバックされた経験がある。

目をつぶっていて、なんとなく揺れているかも?
というかすかな自覚症状がある。

などなど。

 

小さな揺れの理由ですが
エネルギーの滞りが体のどこかにあるので
それを解消しようと揺れている可能性が高いです。

あなたにエネルギーが集まってきている証拠です。

瞑想をしていると結構普通に起きることなので
あまり心配しなくて大丈夫です。

 

瞑想中に体が揺れる(揺れが大きい場合)

[揺れているときの感覚]

  • 体がぐるぐる回る感じ
  • 上半身がダイナミックにぐわんぐわん揺れる感じ

これ、ぼくも同じ悩みがありました。

ぼくの場合は突然腰を軸に上半身が
前後左右にガクガク揺れるのです。

30分間瞑想していると、
ほんと最後の5分くらいに強い揺れがきます。

これはどんな状態なのか。

・深い瞑想に入れています
・大きなエネルギーが集まってきています
・エネルギーを受け止めきれず、体を揺らし振り落としています

変性意識状態(トランス状態)に入っている可能性が高いが、
集まってきたエネルギーの大きさに対し
体がキャパオーバーになって受け止めきれていないです。

何も知らなかったときは
「揺れているから瞑想ができている証明だ」
くらいに捉えており、

”揺れはいいものだ”と思って
揺れるままにしておきました。

ある時瞑想の師匠に質問すると
「揺れに任せるのはよろしくない」と
アドバイスをもらいました。

 

瞑想はあなたの意識を広げるもの

瞑想は、あなた自身が体と心(意識)のたずなをしっかりと掴み、
コントロールできるようになることも大切な要素。

無意識の領域をせばめ、あなた自身が
自分のことを意識できる領域を広げてくれます。

意識の拡大や意識レベルの深まりなど
内なる知覚領域を広げる効果があるのです。

揺れに身を委ねていると確かに気持ちいいのですが
無意識の自分にあぐらをかいたままになり、
瞑想レベルがアップするためのサインを見逃しているのです。

 

瞑想でエネルギーをしっかりと受け取るには。

瞑想しているときにエネルギーをしっかりと
受け取れるようになるにはどうしたいいでしょうか。

ポイントは2つあります。

[ポイント]

  • 下半身の安定感
  • 瞑想する時の意識

瞑想するときの姿勢と位置を確認

座る姿勢、骨盤の位置を確認しましょう。

座る姿勢が悪いと下半身が安定せず
体が揺れてしまい勿体ないです。

体が斜めっておらず、真っ直ぐか。
背筋は伸びているか。

あと骨盤の位置です。

骨盤が前傾し、坐骨(お尻のつけ根の骨)で
しっかり座れているのが理想です。

頭頂部と坐骨で引っ張り合うように意識して
座るといい感じです。

 

椅子に座って瞑想してみる

あぐらをかいている人は、
椅子に座って瞑想するのがいいかもしれません。

より安定する方を選びましょう。

座って瞑想するときのサポートグッズとしてオススメなのが
バックジョイなどのサポート椅子です。

座るだけで自然と骨盤が前傾し、位置も安定するので
使い勝手がいいです。

座り方については、こちらの記事を参考にするといいでしょう。

 

瞑想する時に意識を向けるところ

丹田に意識を向ける

瞑想するときは眉間に意識を集中していますか。

であるなら、丹田へと意識のポイントを変更し、
体が揺れそうになったら、そこに力を入れて踏ん張ってみてください。

丹田瞑想をオススメします。

やり方はこちらの記事を参考にしてください。

 

自分と向き合う

眉間や呼吸、丹田に意識を向けるようなシンプルな瞑想ほど
体と心、そして意識にフォーカスがいきます。

自然に自分と向き合うことになります。

多くの人が瞑想を嫌になるのは雑念など
あなたが見たくないものを瞑想によって
あぶりだされるからかもしれません。

いろいろなことをイメージする瞑想ですと
意識がとびやすくなります。

つまり、どこか遠くの世界へ行きやすくなります。

[メリット]

  • 気持ちよさが得られやすい
  • 大きな存在とつながった感覚
  • 自分が大きくなったようなセルフイメージを受け取りやすい

[デメリット]

  • 霊的な影響を受けやすくなる
  • 瞑想の結果ばかり求めがちになる
  • エゴが肥大化する

気長にたんたんと続けていきたいのなら、
結果や効果、心地よさにこだわらず、
自分に意識を向けるシンプルな瞑想をオススメします。

 

●眉間への意識、丹田への意識

呼吸への意識は、より肉体的です。
体のリラックスや滞りの解消に向いています。

眉間や丹田への意識は、より精神的であり
スピリチュアル的です。

眉間に集中する瞑想はサードアイを刺激するため
霊的能力が開きやすくなります。

ハイヤーセルフなど大いなる存在とつながり
”スピリチュアルな意識”を開花させやすいです。

宇宙とつながれる気持ちのいい瞑想ですが、
うっかり寝てしまうことも。笑

 

丹田に集中する瞑想は、自分に根づいた瞑想です。

丹田(ムーラバンダ)は、”魂の座”とも呼ばれ、
あなたの本質がいる場所です。

たんたんと自分に向き合い本質とつながりますが、
気持ちよさより修業的な要素が強いです。

 

修業大好き!なぼくは、いつも丹田瞑想をしています。笑

 

瞑想中に体が揺れること、さいごに

少しは参考になったでしょうか。

体の揺れは気になりますよね。

ぼくはずっと気になっていました。

どんな理由なのか明確に知りたい方は、
瞑想に関して信頼できる人に質問してみましょう。

揺れているのを間近で見てもらえると
より具体的なアドバイスをもらいやすいと思います。

 

瞑想に関するオススメ記事

・瞑想の呼吸法について

・瞑想とは何か、その本質に迫りました。

・瞑想には効果があるのか?あるとしたらどんな効果があるのか?

・雑念がいっぱいで瞑想ができない!そんな時の対処法とコツ

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。