ビブラムファイブフィンガーズを普段履きする、まさかの効果とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ぼくはビブラムファイブフィンガーズを、3年間オンオフ関係なく履き続けてきました。
是非みなさんにこの靴の魅力を知ってもらいたいと思い、レビューを書きました。

ビブラムファイブフィンガーズについて、はじめに

この記事は、ビブラムファイブフィンガーズの魅力とともに、ぼく自身が3年間履き続けてきた理由、履いて歩いてどう変化したか、個人的な感想などのコンテンツでお届けします。

スポンサードリンク

 

靴自体の情報(説明)や、購入できる場所など基本情報も書いていますよ。

ビブラムファイブフィンガーズの概要

まずは、ビブラムファイブフィンガーズとはどんな靴なのかをご紹介します。

ビブラムファイブフィンガーズとは

 

ビブラムファイブフィンガーズは、足先が五本指に分かれた特殊な形状をしています。

(ある意味、足本来のあるがままの自然な姿を体現している靴とも言える)

 

また、ソールが薄くペラペラな、まるで裸足のような感覚のベアフットシューズです。

 

そもそもこの靴は、どんなコンセプトを持っているのでしょうか!?

ビブラムファイブフィンガーズさんのサイト(bearfootinc)に、記載されている内容を引用いたします。
今の自分に気づき、これからの自分をつくる靴。
ビブラムファイブフィンガーズは、私たちの足、ひいては身体の“ありのまま”の姿を教えてくれる新しい靴です。
私たち人類は、誕生から現在まで、ほとんどの時間を裸足で過ごしてきました。〜(省略)〜人類にとっては「裸足」が最も“自然”なのです。
あなた本来の姿に還るための一つのツール(ギア)、それがVibramファイブフィンガーズなのです!
「裸足こそが人間本来の自然な姿」というコンセプトから生まれた靴、それがビブラムファイブフィンガーズです。
それなら、この特殊な形状も納得できます。

ビブラムファイブフィンガーズ(KSO EVO)について

ビブラムファイブフィンガーズには、20種類以上のランナップがあります。

※2020年6月現在

 

その中のひとつ、ぼくがいま普段履きしているKSO EVO(上記画像)について説明します。

 

KSO EVOは、長年愛され続けているスタンダードな紐付きのモデルで、デザインや機能がシンプル。

 

重さは片足138gと超軽量で、くるっと丸めカバンに入れて持ち運びも楽々。

 

 

ソールはシリーズ中最薄の3ミリ、XS TREKというソールを採用しており、グリップ力と柔軟性に優れ、靴と足が一体感を味わえます。

 

メンズ・レディースどちらもカラーは4色ずつ。

・メンズ→ブラック、グレー、ネイビー、レッド

・レディース→バーガンディー、ローズ、ブラック、オレンジ

 

地面の感覚を最大限に伝える、”マックスフィール”の合言葉を持った「ザ・裸足感覚」のシューズです。

 

 

ビブラムファイブフィンガーズ(KSO EVO)のサイズ感

 

サイズ感は小さめです。

 

用途により選ぶサイズが変わるので、以下を目安に選ぶとよいでしょう。

 

裸足で履く    → ワンサイズ大きめ(+0.5cm)

五本指靴下を履く → ツーサイズ大きめ(+1.0cm)

 

ちなみに、ぼくは「M41(26.7センチ)」を履いています。

※ぼくの足のサイズは25.5センチ

※五本指靴下を着用

 

サイズ選びの詳細に関しては、ビブラムファイブフィンガーズ公式HPをご確認ください。

 

ビブラムファイブフィンガーズ(KSO EVO)を購入できる店舗

ビブラムファイブフィンガーズはどこで購入できるのでしょうか。

 

ぼくが自身が購入した場所と、オススメの店舗をご紹介いたします。

 

ビブラムファイブフィンガーズ(KSO EVO)を購入した店舗

ぼくは、実店舗(新宿ビックロの最上階にある「アートスポーツ新宿ビックロ店」さん)で購入しました。

 

職場が近くにあるので、コロナ前はよくお世話になっていました。

(いまはリモートワークになったので、すっかりご無沙汰ですが。。。)

 

ビブラムファイブフィンガーズだけでなく、

ベアフットシューズのラインナップが充実しています。

 

また、店員さんの商品知識が豊富なので、

初心者の方が安心して足を運べるショップさんです。

ビブラムファイブフィンガーズ(KSO EVO)を購入できる店舗

次に、アートスポーツ新宿ビックロ店のほかに購入できる店舗をご紹介します。

 

まず、オンラインだと、「Amazon」「楽天市場」「ヤフーショッピング」「auペイマーケット」などのネットショップで購入ができます。

 

また、ビブラムファイブフィンガーズさんの公式サイトでも購入可能です。

 

●リアル店舗

ハルクスポーツ(新宿)

アートスポーツODBOX本店(御徒町)

Shop TABI-JI(神奈川・鎌倉長谷)

 

といったところがオススメの店舗になります。

また、ビブラムファイブフィンガーズの直営店が代官山にあります(月7日くらいオープンしているらしい)。
期間限定でポップアップショップが各地で開催されています。
※詳細はこちら

ビブラムファイブフィンガーズ(KSO EVO)を普段履きしてみた

ビブラムファイブフィンガーズを普段履きしたら、、、
靴との出会いから、3年間ほぼ毎日履き続けた感想などをお伝えします。

ビブラムファイブフィンガーズとの出会い

身体の使い方講座の講師をしている、ぼくの尊敬する人生の先輩のFacebook投稿がきっかけです。
「こんなダサい靴、ぼくは絶対に履かない」と、しばらくは敬遠していたのですが、、、笑
どのベアフットシューズよりも、人間本来の足のカタチをしていて、あるがままの姿に近いので、履いて歩いてみたくなり購入しました。

ビブラムファイブフィンガーズを普段履きするメリットデメリット

ビブラムファイブフィンガーズを普段履きするメリットデメリットを整理してみました!
メリット デメリット
・効果的かつ効率的なトレーニング

・歩きが軽快かつ心地よい

・楽に持ち運びできる

・オフィスなどの室内履きに使える

・フォルム(靴の見た目)が、、、

・人目が気になる

・天候の影響を受けやすい(夏は暑い、冬は寒い、雨が天敵など)

・筋肉痛になる(慣れないうちは)

ここに挙げたデメリットは、ぼく自身が履き始めて間もない頃に直面した通過儀礼です。笑
慣れれば、以下のようになります。
・人目は気にならなくなる(結構電車内で見られる)。笑
・フォルムが「格好いい!」と思えるようになった
・鍛えられて筋肉痛はなくなった
自然現象のため、天候の影響だけはどれだけ年月が経過しても受けてしまいますが。

ビブラムファイブフィンガーズの履き心地

ビブラムファイブフィンガーズ(KSOEVO)の履き心地はどんな感じでしょうか。
まずは、ぼく個人の主観的評価からお伝えすると、裸足感覚は5段階評価の「5」です。
フィット感があり、足と同じ形状から足全体にフィットしている感覚を味わえます。
地面の感触をダイレクトに感じます。
限りなく裸足に近いので、路面の状態が足裏から伝わります。
硬さ、熱感、強度、粒度など、さまざまな情報が、足裏を通して感覚的に得られます。
また、第二の心臓とも呼ばれる足裏に刺激が入るので、
歩いているだけでセルフマッサージにもなります。
心地よく歩いていると、思考が停止し意識がボーッとしてきて、眠くなることがありました。
(まるで瞑想状態のような感覚になります)

ビブラムファイブフィンガーズ(KSOEVO)をどう使えばいいか

ランニング(トレイルランニング)目的で、履いて走っている方が大半かと思われます。
でも、ぼくは走るのが嫌いなのでウォーキング(ハイキング)で普段使いしています。
その理由は、裸足感覚を味わい、感覚を拓きたいから。
走るよりも、歩く方が足裏から伝わるさまざまな情報をキャッチしやすいです。
さらにゆっくりと丁寧に歩くことで、筋肉や足の運びなど自分の動きを観察しつつ、足裏に伝わる地面の感覚や情報に意識を向けるようにしています。
「more slowly ,more breathing(もっとゆっくり、もっと呼吸を)」
ロシア格闘技のシステマの創始者ミカエル・リャブコの言葉に感銘を受け、日々のウォーキングでゆっくりを意識しています。
ビブラムファイブフィンガーズを始め、ベアフットシューズは感覚のスイッチをオンにしてくれるシューズです。
脳が活性化し思考が優位になるのをストップをかけ、感覚のセンサーを研ぎ澄ませる便利なギアであり、
足裏からリラックスを、足裏から健康をクリエイトしてくれるのです。

ビブラムファイブフィンガーズを履いて変化したこと

ビブラムファイブフィンガーズを3年間履き続けた結果、以下のような変化を実感しています。
●足首をひねる癖がなくなった
登山(下りのとき)や長時間のウォーキングで足首をひねる癖があったのですが、それが無くなった。
●ボディバランスがアップした
身体感覚アップしバランスが良くなったので、急な登山道でも手を使わずに歩けるようになった。
●下半身の疲労軽減
地面に足がついたときの衝撃を足裏でうまく吸収できるので、下半身への負担や疲労が軽減した。
●足裏が強化された
足裏のアーチ、土踏まずができた、足指の間隔(指と指の股)が空いた、グランウンディングしている感覚が強くなった
結果、リラックスして歩けるようになり、しなやかで柔らかい、かつ敏速に動けるようになった。

ビブラムファイブフィンガーズは普段履きがオススメ

ぼくの個人的な想いがモリモリですが、、、

ビブラムファイブフィンガーズは普段履きがオススメです!笑

 

どんなシーンで、どんな方にオススメのなのかをお伝えしていきますね。

 

ビブラムファイブフィンガーズを普段履きするオススメのシーン

ランニング(トレイルランニング)以外の普段履きのオススメシーンをご紹介します。
●通勤(通学時)
ビブラムファイブフィンガーズをカバンの中に忍ばせて、帰宅時に一駅前で電車を降り、靴を履き替えてウォーキング。
リモートワークになる前に、ぼくが日々実践していたことです。
30分くらい歩くので、それなりによい運動になります。
●車の運転
車の運転が快適になります。
アクセルやブレーキなどをしっかり踏み締める感覚を味わえ、人と車との一体感を感じやすくなります。
●屋内用として
オフィスでのスリッパがわりに、室内でのフィットネスやトレーニングなどにオススメです。
踏ん張りがきいたり、足全体で地面をグッと掴んでいる感覚が味わえますよ。
●自然の中にお出かけする時
ビブラムファイブフィンガーズなどのベアフットシューズは、アスファルトのような人工物より、土・石・砂・落ち葉のような自然物の上を歩いている時が一番心地よいです。
普段履きのシーンではありませんが、いろんな感覚を味わえるので、自然の中にお出かけするときに履くのをオススメします。

ビブラムファイブフィンガーズをオススメしたい人

ビブラムファイブフィンガーズはこんな方にオススメです。

✅足裏から健康になりたい

✅歩き方(身体の使い方)を変えたい

✅歩きながら効果的かつ効率的に鍛えたい

✅外反母趾、膝や腰の痛みなどを改善したい

✅裸足感覚を味わいたい

 

健康やウェルネスは馴染みのある言葉ですが、最近はウェルビーング(Well-being)という言葉も聞かれるようになりました。

 

ウェルビーングとはWHOの憲章の中で使われている言葉で、「身体的・精神的・社会的に良好な状態にあること」を意味します。

 

ビブラムファイブフィンガーズを普段履きすることにより、ぼくのウェルビーイングは向上しました。

 

あなたもビブラムファイブフィンガーズを普段履きして、ウェルビーングの向上を目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。