戸隠神社に呼ばれたので、パワースポットとおそばを堪能しに行きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年秋に長野善光寺を参拝したときから、

戸隠神社が気になり始めました。

 

スポンサードリンク

いつか行ってみたいなあ〜、と

ふんわり思っていたのです。

 

2019年(令和元年)の夏

 

念願叶って、戸隠神社に行くことができたので

その時のレポートをブログにまとめました。

戸隠神社に呼ばれる?

冒頭で書いたように、戸隠神社に呼ばれ始めたのは、

2018年秋に長野善光寺参りをしたときから。

 

そのときは日帰りだったので、

善光寺を巡るだけで精一杯。

 

「いつか、きっと参拝するぞ!」と心に誓い、

長野の地を後にしたのでした。

 

その後、新元号令和になり

友人・知人・コミュニティなどぼくの周囲の人たちから、

戸隠神社の話をちょくちょく耳にするようになりました。

 

「戸隠神社に呼ばれている?」と思い、

友達に話すと即決!

 

神社近くのゲストハウスに前泊し、

早朝の戸隠神社を参拝しました。

 

「呼ばれる」って??

 

”呼ばれる”と言う感覚は、

主観的なものです。

 

同じ情報を、ある一定期間の間に

何度も見たり聞いたりすることで、

 

「ある特定の情報をキャッチするアンテナが

潜在意識の中に立っていて、気づかないうちに受信している」

 

そんな状態を指します。

 

 

戸隠神社の概要(駐車場など)アクセスなど

戸隠神社の駐車場など概要、

およびアクセス方法はこちら。

 

戸隠神社の概要

戸隠神社の諸情報を簡単ですがお伝えします。

所在地 長野県長野市戸隠3506
ご祭神 天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)<奥社>

天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)<中社>

天表春命(あめのうわはるのみこと)<宝光社>

九頭龍大神(くずりゅうおおかみ)<九頭龍社>

天鈿女命(あめのうずめのみこと)<火之御子社>

創建 紀元前210年(孝元天皇5年)
駐車場 ①奥社・九頭龍社→約200台(有料)

②中社→約100台(無料)、有料駐車場もある

③火之御子社→3台(無料)

④宝光社→約20台(無料)

※戸隠神社駐車場の詳細はこちら(外部サイトにジャンプします)

サイト 有(https://www.togakushi-jinja.jp/) 

 

戸隠神社へのアクセス

戸隠神社へのアクセス方法は以下の通りになります。

 

電車の場合

JR長野駅より路線バス(アルピコ交通)もしくはタクシーで約1時間

※バスの場合、宝光社、中社、奥社前に停車

※長野駅までは高速バスもあり(新宿、池袋、名古屋、大阪/京都→長野駅)

 

車の場合

長野IC、須坂長野東IC、更埴ICから約1時間

信濃町ICから約30分

※詳しい地図はこちら(外部リンクへジャンプします)

 

 

戸隠神社の奥社からスタート

戸隠神社は全部で5社あり、

回り方があるらしいのですが…

 

一切無視して、心おもむくままに

行きたいところから参拝しました。笑

 

導かれるままに行くのが、

その人自身のベストな回り方だと思うので。

 

というわけで、はじめに奥社へ行きます!

 

戸隠神社の奥社は標高が高いので、、、

戸隠神社の奥社は、標高が1,350mの高地にあります。

 

中社でも標高1,200mのところにあり、

天候は不安定なことが多いようです。

(標高が高いので、仕方ないのですが・・)

 

幸い天気に恵まれ、前夜がどしゃ降りの豪雨、

翌朝はすっきり晴れ渡っていました。

(車のフロントガラスには、前日の雨の雫が残ってます)

 

ゲストハウスを朝飯も食べずに出発し、

戸隠神社の奥社を目指します。

 

奥社入口の有料駐車場(500円)に車を停め、

入口の看板が目に入りました。

 

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。