ヒーリング

自然治癒しつつある霰粒腫になったぼく自身の話

ベストパフォーマンス廚、健康オタクのようだです。

今日は霰粒腫の話をします。

改めて心と身体はつながっていると学びました。

霰粒腫になった

11月くらいから左眼がゴロゴロし始め、瞼が重くなりました。

眼科に行くと霰粒腫と診断されました。

お岩さんのようなイメージで、目のマイボーム腺に油脂がたまり、腫れ上がってしまう目の病気です。

治療は、ステロイド軟膏を塗る、瞼にステロイド注射を打つ、手術して切るの3パターンあるそうです。

「君のは大きいから切った方が早いよ」と薦められました。

ぼくのホンネ

「切るのは痛いからイヤだなぁ〜、麻酔も打ちたくないし」

お医者さん

「切ったあと数日は腫れ上がるので、仕事に影響あるならタイミングを見計らいましょう」

と言われ、1ヶ月後に手術の予定を入れ、ステロイド軟膏を処方してもらいました。

ぼくは痛いのが嫌い。

注射も手術もやりたくない。

自然治癒できないかWEB検索すると、温熱療法などが効果的と書かれていました。

なんだ、できるじゃん♪

ダメ元で試してみようと決め、普段から目のケアをしようとアイパッチ(眼帯)をつけることに。

ついでに、左眼が利き目だから目の矯正ができるかも⁉︎

片目を塞ぐことで、何か学べることがあるかも⁉︎

なんて事を考えながら、いろんな人から「眼どうしたの?」と気遣いをいただきつつ、1ヶ月を過ごしました。

(修行してます!なんて、なかなか言えないw)

で、手術前の診察をすると、腫れが小さくなっているとのこと。

成果あり!

もちろん、手術の予定をリスケして延長しました

けれど、先生から非難の目で見られました。

アイパッチをして目のケアしても、何も変わらないよ。

好きでやってるので〜、と言い返しましたがw

(内心は、腫れが引いてるじゃん、と思いましたが。)

数日後に、霰粒腫の話をすると、、、

大きな変化の時だから、見たくないものがいっぱい出てきているよね〜

自分の中に湧き上がるものすべてを受け入れられるといいよね〜

というコメントをいただき、腑に落ちました。

これは治るぞ、という根拠のない自信が湧きました。

片目を塞ぐと、攻撃的かつ自己中心的な心の声がよく聞こえます。

これか〜

ひき続き霰粒腫と向き合いつつ、自分の内面とも向き合っていきます。

自然治癒すると信じて。

 

 

霰粒腫

https://www.eyedoctors.jp/ecpmb/disease/d10.html

ヒーリングマーケット in tutumallにてネットブースを出展します!(〜5/12までの期間限定)

こんにちは、用田です。

 

本日4/29(水)より2週間、tutumallというウェブ上のショッピングモールにおいて、ヒーリングマーケットが開催されます。

こちらのイベントにて、ネットブースを出展することになりました!

 

ステイホームでのお家時間の合間に、遊びに来てはいかがでしょうか。

 

ヒーリングマーケットさん限定のお得なメニューもあるので、この後の詳細をぜひお読みください。

続きを読む