疾患(アトピー性皮膚炎)

ぼくは子供の頃からずっとアトピー性皮膚炎です。

かゆくてかきむしってしまうと、
皮膚がかさかさ、ボロボロになります。

お肌の潤いアップしたいな、と思い
良い商品に出逢いたくていろいろと探しました。

 

アトピーの化粧水には安い市販品で効果がある?オススメの口コミ商品をご紹介

 

1、安い市販品の化粧水の実態

アトピーの人に、安い市販品の化粧水は効果があるのか?

結論から言うと、効果よりも「リスク」があります。

市販の安い化粧水を選ぶことで、かえってアトピーが悪化する可能性があるからです。

アトピーを悪化させる物質の代表選手として
「(石油系の)合成界面活性剤」があります。

これは、本来混ざらない「水」と「油」を1つにくっつける成分です。

スープの中にごま油を入れても、水と油は分離していますよね。

その状態を強制的にくっつけるのが界面活性剤です。

お肌の表面にある油分を無理矢理取り除いてしまうことで、肌本来のバリア機能が破壊されるのです。

化粧水をつけた時は、お肌がスベスベして触り心地が良く、気分も上がります。

けれど、肌の表面をスベスベコーティングしただけで、お肌は悲鳴を上げています。

皮膚の表面にある皮膚常在菌を必要以上に洗い落とすので、使い続けるとカサカサ肌、乾燥肌になっていくのです。

殺菌力、洗浄力が強すぎるのです。
刺激物を塗って、肌が過敏な状態になります。

カサカサ肌、乾燥肌になる…
肌が敏感になる…

ということは、、、
どういうことかお分かりですよね?

結果的に、アトピーがひどくなります。

 

2、「合成界面活性剤」を確かめよう

代表的な合成界面活性剤として、「ラウリル硫酸ナトリウム」があります。

ドラッグストアに行き、いくつかの商品の成分表を見てみましょう。

化粧水だけでなく、シャンプー、リンス、ボディソープ、歯磨き粉、洗濯用の洗剤、食器用の洗剤、口べに、化粧品など、ありとあらゆる日用品の中に含まれています。

界面活性剤は、人工的に作られた物質なので身体は分解できません。

体内に残り蓄積されていき、活性酸素を発生させ発ガン率が上がるのです。

アトピーにも、将来のあなたの体にとっても
よくない物質なのです。

市販の安い化粧品は、その時のスッキリ感や爽快感という「その場かぎりの効果」を得られるかもしれません。

ただし、それに引き換えのリスクは、もっと大きいです。

すべては自己責任なので、買うなとは言いません。

あなたが本気でアトピーの問題を解決したいのなら、安いからといって、市販の化粧水を使うリスクを取る必要は無いと思います。

むしろ避けるべきです。

慎重に判断して下さいね。

3.アトピーを引き起こすもの・・・「油」

アトピーを誘発する物質の1つとして
「油」があります。

合成界面活性剤には、植物系と石油系の界面活性剤があります。
とくに、石油系のものは「油の絞りカス」が使われています。
絞りカスとは、食べ物でいう残飯です。

私たちは何も知らずに、皮膚からから石油のカスを取り込んでいる。

この事実をしっかりと認識する必要があります。

前章に書きましたが、私たちの身体は人工的な物質である合成界面活性剤を分解することができません。

どんどん体内に溜まっていくのです。

イメージしやすいように伝えるなら、
身体の中が、「キッチンの換気扇のような油汚れでベトベト、ギトギト状態」になります。

時に、アトピーは火事にたとえられます。

炎症が起こり、火がついたようにかゆくなり、皮膚が真っ赤に腫れあがります。

もしかしたら、体内に蓄積された油が一定量を超えると、身体が何とかギトギト状態をキレイにしようと、アトピーという火事を意図的に起こして油を燃やそうとしてるのかもしれません。

可燃物質である油が、アトピーの原因の1つです。

それは、食用油も同様です。

あなたが普段使っている日用品の中に、石油系の合成界面活性剤を含んだ商品が、どのくらいありますか?

あなたは、普段の食事でファーストフードや油ものが好きですか?

良い機会なので、自分が使っているもの、口にしているものを意識的に整理することをオススメします。

「油という可燃性物質をたくさん体内に取り込むと、アトピーという火事が起きやすくなる。」

シンプルにこう覚えましょう。

 

4.効果を求めない

化粧水に効果を求めるのは、ほどほどにしましょう。

何言ってるの︎
このサイトのタイトルを根本から覆してるじゃん!(笑)

その通りです。
が、明確な理由があります。

それは、
モノに効果を求めると足元をすくわれるからです。

アトピーに良いと言われるモノはたくさんあります。

ステロイドだって
漢方だって
なんとか茶だって
なんとかクリームだって。

それぞれに効果があります。

どんな素晴らしい商品であろうと、
効果を求めるとモノに依存するようになります。

それがないと生きていけない状態になるのです。

依存は怖いです。

ギャンブルや麻薬がやめられない人たちがいます。

対象は違えど、アトピーの人たちは、クスリやモノに依存する傾向があります。

アトピーは苦しくて、辛い。
精神的なダメージも大きい。

ぼくもアトピーなので、モノにしがみつきたいあなたの気持ちがよくわかります。

モノに頼ってもいいですが、
依存しないように気をつけましょう。

 

5、化粧水の本質

ちょっとお硬めのタイトルですが、

「化粧水って何でしょ?」

という疑問です。

ぼくは男性なので化粧水をつける習慣はありませんが、

「女性がお化粧する前後につけているもの」

程度の知識しかありません。

試しに Wikipedia を調べると

「皮膚を保湿し、整え、滑らかにするもの」

と記載されていました。

なるほど!

シンプルにいうと

お肌の「不調」を補ってくれるものですね。

お肌の調子が良ければ、必要ないものとわかりました。

男子のにわか知識ですみませんが、

欧米の女性は化粧水を使っていないそうです。

※気になる方は「化粧水 海外では使わない」でググってみてください^^

目指すところは「化粧水いらずのお肌になる」こと。

ただし、いきなり化粧水をやめるのはハードルが高いと思うので、

一時的に化粧水の力を借り保湿力アップ&もちもち肌を手に入れましょう!

 

6、私もアトピーです

この文章を書いている私も、みなさんと同じアトピーです。

子供の頃からアトピーのキツイかゆみに悩まされてきました。

これまでの文章は、私の実体験から得た知識であり、知恵です。

医者に依存せず。ステロイドにも依存せず。

アトピーと30年以上向き合い、アトピーと気楽に付き合えるようになるために
自分の身体で実験を繰り返してきました。

その実験の一環として、アトピー男子の私も化粧水を”人生で初めて”試してみました。笑

安い市販品の化粧水ではなく、「口コミでおすすめの商品」です。

ドラッグストアには並んでいない人気の商品なので、

気になって思わず私も使ってみました。

この後ご紹介しますので、興味ある方は引き続きご覧ください。

お楽しみに♪

 

7、あなたはこんな悩みを持っていませんか?

洗顔料や化粧水をつけても肌がゴワゴワして、スッキリ感、肌触りの心地よさがイマイチ。

敏感肌で、自分の肌に合う化粧水が見つからない。

化粧水をつけると、お肌が余計にカサカサになる、アトピーのかゆみがひどくなる。

アトピーの人たちは、かきむしって肌がガサガサになり水分が足りません。

お肌の構造が壊れ、バリア機能も弱く、無防備な状態です。

そんな皮膚に、安い市販品の化粧水を使っても、お肌への刺激が強くて逆効果です。

そもそも、アトピー肌に合った商品作りをしていないでしょう。

安い市販品の化粧水はたくさんありますが、あなたの肌に合った商品を見分けるのは困難です。

ハズレくじがたくさん入った抽選箱の中から、あたりをひくような低い確率です。

また、安い市販品の化粧水を買い続けることで、振り返るとチリも積もって多額の投資をしていた、なんて事になりかねません。

そのときは安くていいのですが、反対に高くついてしまった…

なんてことに。

「安い市販品の化粧水にとびつくのか」

「アトピー肌に合った化粧水をじっくり探すか」

ケースバイケースで慎重に判断しましょう。

 

●悩みの原因

では、悩みの原因は何でしょうか?

考えられるものが、大きく3つあります。

市販品はお肌がカサカサになる物質がたくさん含まれている。
敏感肌の人が反応しやすい成分が含まれている。
洗浄力、殺菌力が強すぎて、肌本来の機能を弱めてしまう。

CMなどで商品の良さを宣伝していても、デメリットやリスクは隠されています。

例えば、殺菌力や洗浄力が強い=良い商品
のようなイメージがありますが、必要な皮膚常在菌まで洗い流すので、かえって良くないです。

極端ですが、お風呂に入ったときシャンプーやボディソープなどをつけずに身体を洗った方がお肌にはいいのです。

また、ドラッグストアには、たくさんの化粧水があります。

その中で自分に合った良いものと出逢うには、モノを見究める眼力が必要です。

安い市販品の化粧水を使うのは、香辛料が入った激辛の食べ物を毎日食べているのと同じです。

私は某ラーメン店の超激辛ラーメンを食べたとき、辛すぎて味がわからないし、美味しさもわからず不快でした。

食べた後は舌がピリピリするし、口から火が出ていました。

アトピーのかゆみとしてあなたのお肌に現れるのです。

安い市販品の化粧水は、アトピーの人にとって刺激が強すぎてかえってデメリットとなるリスクが高いので、避けた方がいいです。

 

●化粧水選び3つのポイント

では、安い市販品の化粧水でないとしたら、どんなものが良いのでしょうか。

3つのポイントがあります。

①アトピーの人の肌を、真剣に考えぬいた商品(企業)と出会う
②可能な限り「油」を避ける
③低刺激で、お肌がプルプルもちもちになる化粧水を探す

特にポイントは①です。

アトピーの人のことを1番に考えた商品と出会う。

真剣にユーザーの事を考えて作られた商品って、なかなか無いと思いませんか。

厳密に言うと、ユーザーの事は考えているのですが、会社の利益が最優先だったり。苦笑

今まで使った商品の中でユーザーの事を1番に考えている、とあなたが感じたモノはいくつありますか?

私は両手に余るほどですし、そもそも開発者の声がユーザーに届いたモノとあまり出会いません。

 

●口コミ商品のご紹介

ここで、ぼくが出会った素敵な商品をご紹介します。

北の快適工房さんが開発した「みんなの肌潤ろーしょんです。

この企業さんのポリシーが3つあります。

・びっくりするくらい良い商品ができた時だけ発売する
・効果を実感できない商品は売らない
・ユーザーの声を大切にし、どんな相談にも乗ってくれる

とことんユーザーを見ているのです。

一見、ごく当たり前のことですが、このポリシーを貫き続けている企業は少ないです。

真剣に取り組んでいる姿勢に信頼が置けます。

正直、疑い深い私もここまで言われたらしょうがない。

商品を一度試してみよう、という気持ちになりました。

 

●こんな人にオススメ

・アトピーでガサガサ、かゆかゆ肌だけど、もちもち肌になりたいよー
・保湿力をアップして、潤いキープしたい〜
・安心して使える安全な化粧水と出会いたい!

みんなの肌潤ろーしょんは、
「効果を実感できる」「信頼できる」
化粧水です。

6:使用した感想

症状はかなり良くなりましたが、ぼくもアトピーなので商品を実際に購入しました。

●時期
2018年の3月。ちょうど季節の変わり目の時期

●お肌の状況
季節の変わり目の影響もあるのか、顔、首、肩周りがかゆい。
赤く腫れてカサカサになっています。
箇所によっては、かき潰して血が滲むところも。

普段はほとんどかゆみも腫れもひいているので、
ここまでかゆくなるのは珍しいです。

 

●商品を試す

肌潤ろーしょんを手にとる。

柔らかいジェル状の液体です。

化粧水というより、「化粧ローション」です。

カサカサになっている顔や首回りに塗っていきます。

たしかにモチモチして、皮膚を包み込んでくれるような優しいつけ心地。

つけた部分の潤いがアップし、皮膚が柔らかくなりました。

二、三時間経っても潤い感が続いています。

これいいね!笑
素直に思いました。

 

●企業の本気度合い

肌潤ろーしょんを作っているのは「北の快適工房」という会社さんです。

驚くのは本気度が高いということ。

・実感できない商品は作らない
・びっくりするほど良い商品ができた時にしか発売しない

このような企業ポリシーを持っています。

さらには、25日間の返品保証までついています。

ここまで言い切られては、疑い深い私も試してみる気になりました。

 

●何でも質問に答えてくれる

さらにさらに、驚いたことがあります。

購入前から疑問や悩みに対して質問に答えてくれます。

ぼくは合成界面活性剤のことが気になったので、購入前に質問しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

相談時の状況:商品ご購入前のご相談
お問合わせ内容:その他
商品番号10:『みんなの肌潤ろーしょん』
性別:男性
年齢:40
詳細:はじめまして。
商品の成分についてご質問です。
合成界面活性剤など、アトピーの症状を悪化させるような成分は含まれていない、ということでしょうか。
HPの商品ページを見ても、内容成分についての記載が無かったので詳しく教えてください。
よろしくお願いいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この質問に対して、以下のように返信がありました。

北の快適工房
http://www.kaitekikobo.jp
商品カウンセリングアドバイザー ◯◯◯でございます。

この度は、『みんなの肌潤ろーしょん』につきまして
お問合わせをいただき、ありがとうございます。

『みんなの肌潤ろーしょん』は、『みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~』をご使用のガサガサ・ゴワゴワにお悩みの方に向けて開発されたうるおい化粧水でございます。

乾燥によるカサカサ・ゴワゴワ肌に必要な高保湿成分のセラミドやスクワラン、リピジュアに加え、
ソルビトールやトレハロースといったお砂糖成分など
「うるおい」と「お肌へのやさしさ」にこだわった成分を配合しております。

なお、『みんなの肌潤ろーしょん』はお肌に優しい成分を厳選し、お肌への刺激とならないよう作られております。

しかしながら、配合成分の中には界面活性剤に当たるものがございます。
——————–
PEG-20ソルビタンココエート
——————–

界面活性剤は、洗浄力が強く刺激になりやすい等、
お肌に良くないイメージを持たれがちですが、
化粧品に配合される界面活性剤はいずれも毒性試験や刺激試験を実施し、安全性が確認されております。

適切な成分を厳選し必要な量を配合することで、
お肌に刺激を与えることなくご使用いただけますが、
上記成分が、お肌に合わないことがわかっている場合には、お役に立つことができず、心苦しい思いではございますが、お控えいただきたく存じます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

界面活性剤は入っています、と素直な回答が返ってきました。

早速、調べてみると非イオン系の界面活性剤で、安全性が高いと書かれていました。
以下の2サイト以外にも、同じように書いてあったので信頼できるでしょう。
http://www.keshou.nouko.net/post_486.html
http://cosmetics-suhadabizin.com/archives/50958072.html

商品、企業、スタッフの人たち。
透過性があり信頼できるな、と私は思ったので購入しました。

私も使ってみたいな、と思った方は以下リンクをクリックして下さい。

北の快適工房さんの、商品の紹介ページになります。