都内のパワースポット、新宿御苑でプチリトリート体験してきました〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新宿御苑といえば桜のイメージ。
一面に広がった野原に桜の木があって。

あと庭園と大きな池
歴史ある建築物。

3回くらい訪れたことがあるのですが・・・

スポンサードリンク

初体験!
新宿御苑にこんな場所があったとは〜

新宿御苑の意外なスポットで
プチリトリート体験してきましたよ。

新宿御苑、東京のパワースポットで森林療法体験

2018.7.6
平日の小雨降りしきるなか、NPO法人森林療法協会さん主催の
森林セラピー体験会に参加しました。

場所は新宿御苑。

「森なんてあったっけ?」
「森林セラピー⁇」
と初めは疑問だらけでした。

さらに追いうちをかけるように
朝起きたときバケツをひっくり返したように雨が降っており
直前まで行くか迷いました。汗

天気予報だと東京は雨足は弱めだったので
不安な気持ちを持ちつつ向かいました。

新宿に着いたら、、、

良かった〜
小雨になっていましたよ。

 

新宿御苑の新宿門でみなさんと合流

新宿門で皆さんと待ち合わせをして
自己紹介していざ出発!

あれあれ?
広い原っぱの方を進むのかと思いきや・・・

違う方向に向かっていますね。

いったいどこに向かうのでしょうか。

 

新宿御苑のヒマラヤスギ

 

目の前に現れたのは
大きなヒマラヤスギ。

 

樹の上をよく見ると
松ぼっくり(シダーローズ)も
ありました。

下にも落ちてます。

葉の先は新芽が出ていました。

新芽を手でこすると、
いい香りがします。

 

新宿御苑のモミジバスズカケノキ

お次は・・・

枝の表面がそこら中でむけている樹があります。

地面にはむけた樹の皮がたくさん。

モミジバスズカケノキです。

幹をよく見ると顔と口がついているように思っちゃいます。笑

新宿御苑(母と子の森)

さらに先に進むと・・・

あれ?
森の中に入りましたよ。

「母と子の森」です。

新宿御苑にこんな場所があったのか!

素直に驚きました。

 

新宿御苑のラクウショウ

 

森に入るとすぐに奇妙な光景に遭遇します。

樹のまわりに
たくさんのにょきにょきが
生えています。

なんでしょうか?

どうやらこの樹の根っことのこと。

樹の名前は「ラクウショウ」です。

根っこが地面に飛び出している樹は
初めて見ました。

仏様が拝んでいるみたい
と表現している人もいました。

面白いな♪

(ラクウショウの光景を動画にしました↓)

 

母と子の森はピクニックというより散策でした

森の中をどんどん進みます。

キノコが生えていたり

小川のせせらぎの音に癒されたり

(動画で「せせらぎ」と「雨のしずく」の音を味わってみては?↓)

可愛い木の実を見つけたり

五感を開き
感性のおもむくまま
好奇心のままに歩みを進めます。

森林セラピーを体験しました!

と、池が目の前に現れました。

ここで森林セラピーを体験するため
雨だれの池を眺め音を聴きながら
10分間くらいボーッとすごしました。

近くの岩にカメさんがいたので
ぼくは近くで一緒にボーッとしました。
(動画を見ながら一緒にぼーっと・・・いかがですか!?↓)

終わった後、胸の中がスッキリと軽くなり
リフレッシュしました。

都内のど真ん中で
プチリトリート体験ができちゃいました。

「何もしないことをする時間」

ぼくは以前からこういう時間を持つことが
大切だと思っています。

流れの速い現代社会の中で、
人は常に何かと忙しく動き回っています。

スマホやテレビなどメディアを開けば
たくさんの情報がなだれ込んできます。

逆に何もしない時間というのは
意図しないと確保できません。

 

デフォルトモードネットワーク

 

一時てきにメディアを断捨離し、
やることを横に置いて、思考を手放す。

五感を開き
自分と向き合う。

 

何もしない時間とは
心を空っぽにする時間です。

「デフォルトモードネットワーク」

脳科学の世界ではこのような名前がついています。

脳は何もしない時間を使って
それまでに蓄積された情報の
整理整頓を行っているそうです。

自然と一体になることによって
さらに良い循環が生まれるはず。

 

 

あなたへのメッセージ、さいごに

自然につながることは
ほんとうのあなたにつながること。

自然に還ることは
ほんらいのあなたに還ること。

自分を大切にする
貴重な時間をおすごしください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。