厳島神社(宮島)のご利益とお守りを求め、神の住む島に行きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1996年に世界文化遺産に登録された厳島神社。

 

神社のある広島県の宮島は神様の住む島と言われ、日本三景の一つとして有名です。

スポンサードリンク

 

しかも!

2019年の4月にリラックマ茶房宮島店がオープン♪

 

「これは、行くしかない!」

となり、宮島まで行ってきました。

 

厳島神社の概要

 

まずは、厳島神社の概要をまとめましたので

ご覧くださいませ。

所在地 広島県廿日市市宮島町1-1
ご祭神 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
田心姫命(たごりひめのみこと)
湍津姫命(たぎつひめのみこと)
創建 推古天皇元年(593年)
社格等 式内社(名神大)
安芸国一宮
旧官幣中社
別表神社
札所等 伊都岐島神社
神体 弥山(神体山)
サイト 有(http://www.itsukushimajinja.jp/) ※営業時間及び拝観料はサイトを要確認

 

厳島神社へのアクセス

ぼくは、電車とフェリーを使って厳島神社まで行きました。

 

JR広島駅から以下のルートで約1時間かかりました。

  1. 広島駅から山陽本線に乗り「宮島口」駅下車(約30分)
  2. 宮島口からフェリー乗り場まで徒歩(約10分)
  3. 宮島までフェリーに乗る(約15分)

 

フェリーは車ごと乗船できるので、

マイカーで宮島まで行くことができます。

 

ただし、厳島神社には駐車場がないのでご注意ください。

 

厳島神社(宮島)のGoogle マップ

 

厳島神社の歴史

593年、推古天皇御即位の年に佐伯鞍職によって創建され、

のちの1168年に平清盛により廻廊が結ばれ海上社殿となり、

今日のような姿になりました。

 

その後の世においても、毛利元就や豊臣秀吉などの庇護もあり、

現代までの長き歴史を超えた人々の篤信によって運営が継続しています。

 

厳島神社のご祭神(神さま)

厳島神社のご祭神は「宗像三女神さま」です。

  • 市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
  • 田心姫命(たごりひめのみこと)
  • 湍津姫命(たぎつひめのみこと)

 

高天原で天照大御神(あまてらすおおみかみ)と

素盞嗚尊(すさのおのみこと)の兄弟が、

御誓(うけい)をしたときに産まれた神さまです。

 

皇室安泰、国家鎮護、海上の守護神として古くから崇敬され

とくに市杵島姫命さまは水の神様で、弁財天さまと同一視される

ぼくが好きな神様のお一人です。

 

厳島神社の鳥居

海の上に、朱の鳥居が立っている。

それだけでも感動ものです。

 

素晴らしさに目を奪われ、

フェリーの上からしばらく眺めていました。

※動画はこちら

 

フェリーは2つの会社(JR西日本宮島フェリー宮島松大汽船)が運営しており、

JRのフェリーだと鳥居の近くを通るルート(大鳥居便)もあります。

 

海の上から厳島神社の鳥居を眺めたい方はチェックポイントです。

 

フェリーの上からの眺めが素晴らしいので、

よかったら以下の動画もご覧ください。

 

厳島神社の魅力

魅力がぎっしりと詰まった厳島神社。

ぼくなりの視点で、その魅力をまとめてみました。

 

厳島神社は海の上にある(魅力①)

魅力の一つは、厳島神社が海の上にあることです。

 

宮島のステキな眺望とともにお伝えしていきます!

 

フェリーで宮島に降り立ちました。

 

鹿が放し飼いになっており、のんびりな雰囲気。

 

 

海辺の砂浜沿いにある参道。

 

歩いて神社まで向かいます。

パラソル立てたら海辺のビーチ♪笑

 

 

 

今まで行った神社のカテゴリにはありません。

 

敷きつめられた砂の柔らかさを足裏に感じ、

海からただよう磯の香りを味わう。

 

思わず両手を広げてウーンと大きく伸びをしたくなるような。

ロケーションがとても良いです。

 

厳島神社の2つの顔(魅力②)

厳島神社は満潮時と干潮時、

2つの顔を持ち合わせています。

 

潮が満ちて、神社全体に海水が行き渡り、

まるで海の上に浮いているかのような姿。

※今回は見れませんでした

 

潮がひき、砂浜の上に神社が建っている姿。

自然の摂理と一体となり千変万化する姿は、

私たちの五感を刺激し楽しませてくれます。

 

厳島神社の境内(魅力③)

 

美しい建造物が魅力である

厳島神社の境内をご紹介していきます。

 

境内の入口です。

ここで拝観料を納めます。

 

手水舎です。

参拝前に手をすすぎ、お清めします。

 

参拝入口にある立派な看板。

海外から来ている旅行者がたくさんいました。

 

海水がひくと、丸い池(鏡の池)が姿を現します。

 

本殿です。

 

本殿前にある平舞台から海側の大鳥居を見渡せます。

 

さらに大鳥居に近づきました。

よかったら動画をどうぞ!

 

 

境内にある大国神社です。

 

床の木目がキレイです。

 

能舞台です。

本殿を修築しているので、トラックが止まっています。

 

天神社。菅原道真公がご祭神の神社です。

 

長橋。

 

ゆっくり回っても、境内は30分くらいで1周できます。

 

厳島神社のスピリチュアル、エネルギーを言葉に

自由で解放的な海の女神が住まう社です。

 

目の前に広がるおだやかな瀬戸内の海。

振り返れば樹々の緑あふれる小高い山(弥山)。

見上げれば見渡す限りの空。

 

気に入った場所があれば、しばらくボーッと過ごすのもいいかも。

 

あなたのハートを思いっきり解放してあげてください。

ほかにも、感性が拓く、スロートチャクラのデトックスなどが起こりそうです。

(こちらの動画を見たら、少し解放できるかも!?)

 

大自然とそこに住む女神さまたちが協力し合って、

あなたの解放をサポートしてくれるでしょう。

 

 

厳島神社のお守り(御神衣守)

厳島神社のお守りを授かりました。

「御神衣守」と書かれた白いお守りです。

 

同梱されていた紙に

お守りの説明が書かれていました。

厳島神社では毎年元旦零時に御神衣献上式という神事を行います。
御神衣献上式は神様の御衣装を毎年心を込めて新しく縫い上げ、年の初めにお供えして前年の御衣装とお取り替えする神様の衣替えともいえる当神社で最も重要な神事で、その後衣装のことを御神衣といいます。
新しい御神衣と取り替えられた御神衣には神聖で神秘的な霊力が宿っていると伝えられ昔から身体健康、病気平癒、長寿のお守りとして大切にされております。

 

お守りからは、ゆったりと大らかな

厳島神社のパワーが感じられます。

 

授かってよかったな♪

 

普段使いするリュックに

お守りをくくりつけました。

 

 

厳島神社(宮島)のまとめ

「神々が住まう島」というフレーズに納得です。

 

目に入るものすべてが美しく神々しかった。

解放的で包み込むような、あたたかい土地のエネルギーを感じました。

 

今度は、外宮「地御前神社(じごぜんじんじゃ)」と

奥宮の「御山神社(みやまじんじゃ)」も回りたい

 

厳島神社の境内が海水で満たされている時も見たい

 

などなどお楽しみがいっぱいです。笑

 

半日じゃとても時間が足りない。。

 

「宮島で宿泊するのが正解だな!」

と思い、

 

再訪のときを楽しみに、

宮島を後にするのでした。

 

 

厳島神社(宮島)に関連する記事

宮島の厳島神社のすぐそばに、

2019年4月に新スポットが登場!

リラックマ茶房宮島店です。

リラックマ茶房宮島店とご当地グルメを堪能したブログ

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。