戸隠神社に呼ばれたので参拝してきました。大自然を堪能できるパワースポット戸隠奥社の魅力をレポートします!

スピリチュアル

2018年の善光寺を参拝したときから、戸隠神社に呼ばれていました。

 

ちょうど1年後に念願叶い、戸隠神社を参拝したときのレポートをまとめました。

スポンサードリンク

 

戸隠神社に呼ばれる、はじめに

この記事は、戸隠神社を参拝した時のことをまとめたものです。

 

戸隠神社奥社の概要から、実際に参拝した気になれるような写真や動画の数々、スピリチュアル的な内容から、授与品(お守りやおみくじなど)、近隣のグルメなどを書いています。

 

興味ある方は、このまま読み進めてください。

 

また、「戸隠そば」に関しては、以下の記事をご覧ください。

戸隠神社の中社で龍神様のご利益と戸隠そばをたしなむ
戸隠神社奥社のあとにし、 次の目的地である中社へと 車で移動しました。 中社の参拝と戸隠そばを堪能してきましたよ。

 

 

戸隠神社に呼ばれた経緯

ヨーダ(このサイトの管理人です)は、どのように戸隠神社からお呼びがかかったのでしょうか?

その経緯をご説明いたします。

 

冒頭で書いたように、戸隠神社に呼ばれ始めたのは、2018年の秋に長野善光寺参りをしたときから。

 

そのときは日帰り。

善光寺を巡るだけで精一杯で、「いつか、きっと戸隠神社に参拝するぞ!」と心に誓い、長野の地を後にしたのでした。

 

令和になり友人・知人・コミュニティなど周囲の人たちから、戸隠神社の話をよく耳にするようになりました。

 

さらに、数ヶ月後に参加予定の皇居勤労奉仕のコミュニティでも戸隠神社の話題がちらほら。

 

「これは本格的に戸隠神社に呼ばれているな」「勤労奉仕の前に、禊の意味も込めて戸隠神社に参拝しよう」と決めました。

 

さすがに日帰りは旅程が厳しいので、ゆとりを持って神社近くのゲストハウスに前泊し、早朝の戸隠神社を参拝しました。

 

 

戸隠神社奥社の概要

戸隠神社奥社の駐車場などの基本情報、およびアクセスについて説明します。

 

戸隠神社奥社の概要

戸隠神社奥社の概要について以下に整理しました。

所在地 長野県長野市戸隠3506
ご祭神

天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)

創建 紀元前210年(孝元天皇5年)
駐車場

約200台(有料)

サイト 有(https://www.togakushi-jinja.jp/) 

 

 

戸隠神社奥社への行き方

戸隠神社へのアクセス方法は以下の通りになります。

 

電車の場合

JR長野駅より路線バス(アルピコ交通)もしくはタクシーで約1時間

※バスの場合、奥社前で下車

※長野駅までは高速バスもあり(新宿、池袋、名古屋、大阪/京都→長野駅)

 

車の場合

長野IC、須坂長野東IC、更埴ICから約1時間

信濃町ICから約30分

※詳しい地図はこちら(外部リンクへジャンプします)

 

戸隠神社奥社までの距離や時間

戸隠神社の奥社までは、それなりに歩きます。

 

徒歩で約2キロ、20〜30分ほどかかります。

※奥社前のバス停および奥社の駐車場からは、徒歩以外の移動手段はありません

 

山道を約1キロ歩くので、動きやすい服装がオススメ。

 

まずは平坦な参道を約10分くらい歩き、随身門が見えたら中間地点です。

 

門の奥は景色がガラリと変わり、うっそうとした杉林の山道が10分ほどつづきます。

 

山道を抜け、視界が開けると奥社に到着します。

戸隠神社奥社の天候

戸隠神社の奥社は、標高が1,350mの高地にあります。

 

高所のため、天候は不安定なことが多いようです。

(標高が高いので、仕方ないのですね)

 

前夜がどしゃ降りの豪雨に見舞われましたが、当日の朝はすっきり晴れ渡っていました。

 

 

戸隠神社奥宮はきつい!?絶景の参道をハイキング

戸隠神社奥社の入口から参道を歩き、境内にたどり着くまでの様子をお伝えします。

 

自然が豊かで、写真や動画を見ているだけでも、間接的な森林浴が楽しめますよ。

 

戸隠神社奥社までの道のり(入口〜随身門)

 

それでは奥社入口から境内を目指して歩きましょう!

 

歩いているとこんな看板がありました。

熊出没注意!

 

「山の中だからあたり前!」と思いつつも、ビビりながら先に向かいます。。汗

 

中間地点の随神門までは、参道の両脇に流れる小川のせせらぎを耳にしながら、まっすぐで平坦な砂利道を進みます。

 

 

ぼくが行ったときは、前夜の豪雨により水かさが増しており、参道にまで雨水があふれていました。

(よかったら、動画もお楽しみください)

戸隠神社奥社の参道①

 

靴はすぐにびしょ濡れw

 

おもわず裸足になって、参道脇の小川に入りました。

 

水が冷たくって心地よい!

参道入口方向に水は勢いよく流れていきます。

 

まるで小川の水が浄化してくれているようでした。

 

「神話に出てくるような光景」とは、まさにその通りでしょう。

 

天照大神が天の岩戸にお隠れになった時、天手力雄命が入口をふさいだ岩戸を放り投げたら、日本の真ん中に落ちた。それが戸隠山だ、という伝説があります。

 

中間地点の随神門に着きました。

 

 

戸隠神社奥宮までの道のり(随神門〜奥社まで)

随神門をくぐると、神域の奥深くへと誘われたかのようです。

 

 

天然記念物の大きな杉が立ち並ぶ、鬱蒼とした森です。

森林浴が気持ち良い〜✨

(動画をお楽しみください)

戸隠神社奥社の参道②

ここからの道は坂道や階段があり、アップダウンがあるので、軽登山の格好がオススメです。

 

参道の途中にある飯縄神社にも立ち寄り、やっと奥社に到着しました。

 

 

戸隠神社奥社はすごいパワースポットでした!

 

森林浴を楽しみながら、杉林を抜け階段を昇ると、、、

 

目の前の視界が開け、戸隠神社奥社が視界に飛び込んできました。

 

自然とひとつになっているかのようなたたずまい。

 

けっこうな道のりを歩いた達成感と安心感につつまれつつ、手水舎で清めます。

余計なものが一切ない、シンプルなつくりの手水舎です。

 

美しい!

 

手を清めたら、階段をさらに昇ります。

たどり着きました!

(感動のシーンも動画にしました)

戸隠神社奥社に到着

 

鳥居をくぐると左手に九頭龍社、右手に奥社が立ち並んでいます。

 

こちらが九頭龍社。

 

念願の奥社はこちら。

それぞれに手を合わせ、戸隠の神様と語らうひと時をすごしたのでした。

 

 

奥社のまわりの風景を動画におさめたので、興味ある方はご覧ください。

戸隠神社奥社まわりの風景

 

 

 

戸隠神社奥社のスピリチュアルパワーとは!?

ご祭神が天手力雄命だけに⁉︎まっすぐで力強いエネルギーを感じました。

 

奥社にたどり着くだけでも、なかなかの道のりです。

 

来る者の覚悟と決意が試される、そんな場所だと思いました。

 

また、冬になると奥社は雪のため、参拝不可になる期間があります。

 

神社自体が自然と調和しており、冬季は人が立ち入れないことで浄化が行われます。

自然の循環が意識され、人為的なエネルギーのみならず、大自然のエネルギーがあふれるエネルギッシュなパワースポットです。

 

ぼくは、戸隠神社参拝して以来、さまざまな”不自然なもの”に違和感を感じることが多くなりました。

 

食べ物→化学調味料、食品添加物など。

生活用品→石油系界面活性剤など

見えないもの→霊的な存在(妖怪、魑魅魍魎)、人為的なエネルギー調整

人の心→人為的なコントロールや支配

 

善悪は人の判断基準でしかない、と思います。

 

人にとって都合が良いことは善、都合が悪ければ悪。

 

どこまでいっても、人間は自分勝手ですね。

 

いいように捉えているだけです。

 

でも、それでもいい。それもまた自然。

 

というような気づきによる、プチ覚醒もありました。

 

 

戸隠神社奥社での授与品(お守り、おみくじ)

参拝を終えた後、奥社近くの社務所に行きました。

そこで2つのものを授かりました。

 

戸隠神社奥社のおみくじが面白い!

まずは、おみくじ引きました。

 

ほかの神社のおみくじとは違っていて、自分でおみくじをひかないユニークなスタイルです。

 

社務所の方に数え年を伝えると、ジャラジャラと祈願してくださり、1枚の紙を受け取る流れなのです。

 

易のような感じです。

 

受け取った紙はコチラ♪

おみくじはこのなかに入っており、効果は1年あるそうです。

(内容は個人的なもののため伏せますが)

 

なかなか面白い体験でした。

戸隠神社の奥社限定のお守り「鈴守」

奥社のみ授与されている限定の鈴守を授かりました。

 

ご祭神の天手力雄命のエネルギーが入っている、パワフルなお守りです。

 

透き通ったクリアな音色を奏でてくれます。

 

 

戸隠神社奥社のグルメ、売店「なおすけ」

奥社を往復するだけでも、ながい距離を歩きます。

 

朝イチで空腹のまま歩いたので、おなかが空きました。

 

奥社の入口前の売店「なおすけ」で、野沢菜のおやきを買いました。

野沢菜以外には、つぶあんとなすがありました。

 

ソフトクリームもあり、個性的な味がそろってます(バニラ、韃靼そば、熊笹)。

おやきはできたてであたたかく、美味しかったです!

 

 

戸隠神社周辺の宿泊施設

戸隠神社周辺の宿泊施設をまとめました。

おすすめの宿坊3選と、その他戸隠周辺の旅館やホテルを紹介いたします。

 

もし気になる施設があれば、リンクもしくは画像をクリックしてください。

楽天トラベルのページで詳細を確認できます。

 

戸隠神社の宿坊

戸隠神社の宿坊ベスト3をご紹介します。

どの宿坊も戸隠神社の近くにあるので参拝には最適で、名物の戸隠そばを堪能できるのも魅力です。

 

1、戸隠神社 宿坊 山本館

戸隠神社 宝光社の近くにある宿坊。歴史ある宿坊にも関わらず清潔感があり、戸隠そばをメインにした精進料理と湧き水を利用した温泉が評判です。

 

2、戸隠参詣宿 高山坊

戸隠神社中社と有名な戸隠蕎麦屋のすぐ近くにあります。御主人が神職をされており、雅楽を楽しんだりや朝の神事にも参加できます。掃除が行き届いたお部屋、夕飯の飲み物持ち込みOK、戸隠神社のことやすぐ近くの蕎麦屋の情報などいろいろ教えてくれるのが特徴です。

 

3、戸隠神社 宿坊 お宿 諏訪

戸隠神社宝光社近くの宿坊です。露天風呂付きの離れ部屋や、シモンズ社製のベットのあるお部屋があったり、バーが併設されていたりと、宿坊とは思えないくらい清潔で寛げるようです。とくにお料理が評判みたいですよ。

 

戸隠神社周辺の宿泊施設(旅館やホテル)

1、福岡旅館

1日3組限定の落ち着いた静かな佇まいの旅館です。

プライベートな貸切風呂、信州の味覚を味わえるお料理、ホスピタリティの良さ、清潔感のあるお部屋などが口コミされています。

 

2、スポーツホテル アゼリア 飯綱・戸隠高原

戸隠の森を見ながらゆったりと入れる温泉(日帰り入浴可)、

ゆったりと過ごせるように用意されたお部屋(和室/洋室)、

信州の食材や郷土料理などにこだわった華やかなお料理、

団体客や研修施設にもオススメの会議室・宴会場・体育館・テニスコートなどがあります。

 

3、戸隠高原 森の宿 めるへん

戸隠神社の中社と奥社の間くらいにある、木々に囲まれたアットホームな一軒宿。

戸隠の自然を満喫できるお部屋と、地物の食材を使った美味しいお料理が自慢です。

テレビがないのでデジタルデトックスしたい方、戸隠の地を存分に味わいたい方にオススメです。

 

 

戸隠神社の奥社めぐり、まとめ

戸隠神社は全部で五社ありますが、奥社だけでも戸隠の魅力を十分に堪能できます。

 

自然エネルギーあふれる空間、戸隠全体の神域のようなたたずまいを、カラダ中で味わい、心身がスッキリと浄化されました。

 

一生のうち一度は訪れたい場所、いや何度も行きたいところだと思いました。

 

みなさんも機会があれば、ぜひ訪れてみてください。

 

ひき続き、戸隠神社の中社と近くの有名なお蕎麦屋さんでランチした記事もありますので、気になる方は以下のリンク先をお読みください。

 

戸隠神社の中社で龍神様のご利益と戸隠そばをたしなむ
戸隠神社奥社のあとにし、 次の目的地である中社へと 車で移動しました。 中社の参拝と戸隠そばを堪能してきましたよ。

 

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました