ニューバランスのベアフットシューズ『MT10』を普段履きして軽快に歩いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューバランスのベアフットシューズ

MT10を普段履きしているので、

 

スポンサードリンク

みなさまにレビューをご紹介します。

 

ご興味ある方はひき続きお読みください。

ニューバランスのベアフットシューズMT10とは

ニューバランスのMT10とは、

 

2012年に登場したベアフットシューズ

「ミニマス(MINIMUS)」の復刻モデルです。

 

裸足感覚のはき心地の4mmドロップ設計、

(ヒールの高さは4.5 cm、ソールの厚さは2.5 cm)

 

ロードもトレイルも対応可能な

グリップ力のあるVibramアウトソールを使用しています。

 

ぼくは近所のスポーツショップで、

実際に試し履きしてから購入しました。

 

ニューバランスのベアフットシューズMT10のサイズ感

まずはジャストサイズの25.5センチを履いてみる。

 

ムム…

かなりキツめ。

 

次に、ワンサイズ大きい26センチを試す。

うん、これでぴったりぐらいだ。

 

特に足の側面(両脇)からかかとにかけての

フィット感がとてもいい。

 

足と靴が一体になる感じがある。

 

指先はゆとりがあり、遊びも十分。

クツの中で足指をパーにできます。

 

ワンサイズ大きい26センチを購入しました。

 

ニューバランスのベアフットシューズMT10で歩いてみる

リズミカルにテンポよく歩けます。

 

ソールの厚みはあるけれどクツ底が柔らかいので、

足で地面を蹴り出すときに屈曲してくれます。

 

足の自然な動きを邪魔しないし、

蹴り出す力を増幅してくれる感じ。

 

ガチ裸足感覚を求めている人には、

ソールの厚みがそれなりにある(2.5センチ)ので、

物足さを感じるかもしれませんが、

 

普段履きでカジュアルに使うのなら、

このスペックで十分に合格ラインです。

メッシュ素材なので通気性が良いです。

 

ベアフットシューズ全般に言えることですが、

ソールが薄いし、メッシュ素材ですので雨には弱いです。

 

他のベアフットシューズに比べソールが厚いので

足裏から雨水が沁みてくることはマレですが、、、

 

濡れやすいのは大差ありません。

 

ニューバランスMT10のはだし感覚

ソールの厚みだけで評価するなら、

足裏に伝わる地面の感覚は弱いです。

(ソールの厚さ5ミリのVibramファイブフィンガーズを

普段履きしているので、それと比較しての評価です)

 

ただし、足との一体感や

クツ自体の柔らかさ(屈曲性)や軽さなど

 

さまざまな要素を考慮すると裸足感覚を感じられる

良いシューズだと思います。

※あくまでの個人的な評価なのでご参考程度に

 

ソールもカラダも心も

柔らかいのがぼくは好みです!

 

ニューバランスMT10の活用シーン

軽めのハイキングやタウンユースに使えます。

スニーカーOKの職場なら、オフィスカジュアルの足元にもよいかと思います。

 

実際、ぼくはオフィスカジュアルOKの職場なので、

通勤時に履いています。

 

歩くのが好きなので、

帰宅時はひと駅前に降りてウォーキング。

弾力性のあるソールにより

踏み出す一歩一歩が軽快になり楽しい!

 

足と靴の一体感が味わいつつ

歩をすすめる気持ちよさを、

 

アクティブに動ける感覚を養ってくれます。

 

 

ニューバランスMT10の商品取り扱い

ニューバランス公式サイトのオンラインショップを確認しましたが、

すでに商品を取り扱っていませんでした

※2019年11月現在

 

Amazonや楽天市場などの通販サイトか、

リアル店舗での購入をオススメします。

価格は13,200円。

 

Amazonや楽天市場を確認すると、

正規価格よりも安く販売されています。

 

ニューバランスMT10の商品リンク

リンクは以下よりどうぞ。

 

●ブルー

amazon

 

楽天

 

 

 

●グレー

amazon

 

楽天

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。