善光寺の暗闇がご利益なのはなぜ!?ご本尊と○○できるお寺に参拝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「一生に一度は善光寺参り」

と呼ばれるほどの信州長野にある善光寺。

 

スポンサードリンク

弟と長野弾丸ツアーを決行し、
善光寺に行ってきました。

善光寺の特長

まずは、善光寺の特長をお伝えします。

 

宗派がない(無宗派)

どの宗派にも属していません。

無宗派のお寺があるなんて、
はじめて知りました。

みんなだれでもウェルカムなお寺さんです。

 

でかい、広い、うまい!

境内が広い、

ひとつひとつの建物が大きい、

見どころ満載です。

 

あと、食べ物が美味しいです。

 

善光寺のご本尊

ご本尊は、一光三尊阿弥陀如来です。

大陸から日本に仏教が伝来したとき、
一緒に渡ってきた仏様がご本尊です。

絶対秘仏で、7年に1度しかご開帳されないので
かなりレアです。

 

善光寺へのアクセス

善光寺の最寄駅は、長野駅です。

東京駅から新幹線で約1時間半かかります。

 

駅からは徒歩25分くらいのところにあり、

駅前から参道が伸びており、

ゆるやかな坂を登った所にあります。

歴史を感じるむかしながらの街並みを

抜けていきます。

 

歩くのがしんどい方は、

駅からはバスも出ていますよ。

 

★詳細のアクセス情報は善光寺のホームページ

 

善光寺のスポット

 

画像は、善光寺でいただいたパンフレットです。

 

境内を歩くだけでも、

じゅうぶん見ごたえはあります。

 

が、時間が許すなら有料スポットを

ひと通りするのはいかがでしょう。

チケットを購入すると、

参拝できますよ。

 

ぼくは、すべてのところに入れる

「三堂・史料館参拝券」を購入。

 

せっかく善光寺を参拝したからには、、、

ゆっくり堪能するのがオススメしますよ〜。

 

善光寺の暗闇、お戒壇めぐり

 

本堂のご本尊の下にある

トンネルのような真っ暗な通路を

壁づたいに進みます。

 

途中、錠前のようなものを見つけられたら、

ご本尊とご縁が結ばれるとか。

 

ほんとうに真っ暗で、

目の前もまったく見えません。

 

 

視覚がまるで役に立たず、

前後のひとと声を掛け合いながら

画像のルートを進みます。

 

みんなで協力しあい、

ご本尊さまとご縁を結ばせていただき、

ほっこりしたひと時でした。

 

 

善光寺の経蔵

経蔵とは、仏教のすべての経典が納められている

おおきな八角形の柱のようなものです。

 

数人がかりで回すことができ、

一周させるとすべての経典を読んだのと

同じ意味合いがあるとか。

 

たまたま居合わせたひと組のご夫婦と

4人がかりでいっしょにぐるぐる回しました。

 

画像は、経蔵の入り口にいらっしゃる

徳の高そうな方の像です。

 

ご戒壇めぐり同様、

みんなで協力してひとつのことをなし遂げる、

そんな機会をもらいました。

 

善光寺の山門

けわしい階段をのぼり、

山門(上記画像)のうえにあがれます。

 

とにかく眺望が素晴らしい!

 

動画にしたので、

よかったらご覧ください。

山門の中の部屋には、

お遍路八十八ケ所の各お寺の仏様とご対面できます。

 

善光寺の忠霊殿

善光寺の歴史的な文化遺産を

拝観できるところです。

 

なかは撮影禁止のため

建物の画像のみですが、

 

ダライ・ラマから贈られた

砂曼荼羅や揮毫は見ごたえありました。

 

ひと文字写経というコーナーもあり、

般若心経の気になる一文字を書いたものを

供養してくれる、なんてことも。

 

けっこう楽しめますよ♪

 

 

善光寺のご利益、スピリチュアルエネルギーを言葉に

 

一光三尊阿弥陀如来さまのエネルギーを感じてみる…

 

眉間が開かれ、光を発します。

物事の本質、見えないものを見る力。

 

カラダがゆるみ、全身をめぐるプラーナの流れが活性化するよう。

 

第4チャクラが開き、

開放的でオープンなエネルギーを感じます。

 

自分の内側を開きたいとき、訪れると良いでしょう。

 

 

善光寺の紅葉

ちょうど見頃をむかえていました。

 

真っ赤に燃えた紅葉

 

金色に染まったイチョウの木

 

山門のうえから見たイチョウ

 

リラックマと一緒に記念撮影♪

 

うっとりするほどキレイな紅葉に

しばしひと時、魅せられていました。

善光寺といえばリラックマ

善光寺のホームページのTOPに

リラックマのバナーがあります。

 

開くとリラックマの特設ページがあり、

オリジナルのリラックマグッズを

紹介しています。

 

大きな境内の中を散策すると、

3か所もリラックマグッズを販売している

ブースがありました。

 

1か所め〜

本堂の東がわの授与所です。

コリラックマがお仕事してます〜

 

2か所め〜

本堂のなかの授与所です。

つくりが1か所めと全然違う!

 

リラックマ、

コリラックマにまかせて

寝落ちしてないか?笑

 

3か所め〜

本堂の南東にあるの売店です。

 

大きなリラックマブースがありました。

 

んっ?

カメラさんちょっとアップにしてください。

ここのリラックマたちも

サボったり寝落ちしていたり…

 

コリラックマとキイロイトリに

まかせっきりですなw

 

お札などを授かる授与所には

かならずリラックマのブースが併設されていて。

 

どのブースも工夫がこらしており、

さながらリラックマストア善光寺店のようw

リラックマたちがお出迎えしてれますよ〜。

 

 

善光寺のグルメ

善光寺のグルメはもり沢山で

楽しみがいっぱい!

 

迷いにまよったすえ、

・甘酒
・善光寺そば
・できたてモンブラン

を堪能したので、1つずつご紹介しますね。

 

甘酒

米こうじの甘酒です。

さっぱりして美味しかったです。

 

訪れた日の最高気温が13度と

かなり寒かったので、

甘酒を飲んであたたまりました。

 

 

善光寺そば

 

参道から一本はずれた道ぞいにある

「北野家」さんに入りました。

限定10食の十割そばを注文。

シンプルでこしと歯ごたえがあり

美味しかったです。

 

善光寺のできたてモンブラン

できたてモンブラン、

イチ押しのおすすめスイーツです。

※秋季限定かも?

 

仲見世にある信州里の菓工房さんにて

ボリューム満点のできたてモンブランを

いただいちゃいました〜♪

 

作っている様子も

動画におさめちゃったので

興味ある方はご覧くださいませ。

 

★動画その①

 

★動画その②

 

食べごたえ満点ですし、

里の菓工房さんのお土産もオススメですぞ!

 

お土産については、

画像を撮り忘れたこともあり(汗)

あまり詳しくは書きませんが、、

 

善光寺の代表的なお土産は

「そばまんじゅう」と「八幡屋礒五郎のとうがらし」

この2大巨頭が手堅いところです!

 

ちなみに、里の菓工房さんでも

そばまんじゅうが売られているのですが、

昼過ぎに完売で買えませんでした。

 

残念です〜。

 

里の菓工房さん以外の売店に

並んでいるそばまんじゅうは、

どれも銘柄が同じですが、

 

このお店だけはオリジナルそばまんじゅうを

販売しているのです!

 

食べてみたかったー><

 

善光寺に行ったさいには、

里の菓工房のそばまんじゅうを

チェックしてみてくださいね♪

 

★食べログはこちら

信州里の菓工房 善光寺仲見世店

 

善光寺を楽しむ、さいごに

善光寺を楽しむポイント。

 

それは、、

 

時間をたっぷり空けておくこと」です。

 

1日かけてゆっくりまわるのがオススメ。

見どころがたくさん

美味しいものも食べられる

お土産も豊富

となると、時間はあっという間にすぎますぞ。笑

 

タイトスケジュールでせわしなく”観光する”のか

時間にゆとりを持ち充実した”お休みをする”のか

 

せっかくのお休みをどんな意識ですごすのか、

 

意識ひとつで、1日の密度も受け取れるものも

充実感も違ったものになりますね。

 

リラックスした良い1日をお過ごしください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。