鹿島神宮はすごい!最強パワースポットの御祭神「武甕槌大神」さまをご参拝しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年の夏。

鹿島神宮のご祭神である武甕槌大神さまから、

「鹿島神宮に来たら?」と
お誘いを受けていました。

スポンサードリンク

 

2018年の2月

やっとご縁がめぐり、
鹿島神宮へ武甕槌大神さまにお会いすべく
行ってきました。

 

はじまりの地、最強パワースポットともいわれる

鹿島神宮とはどんなところなのでしょうか?

 

鹿島神宮の概要

鹿島神宮の概要は以下の通りになります。

所在地 茨城県鹿嶋市宮中2306-1
ご祭神 武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)
創建 初代神武天皇元年(紀元前665年くらい)
社格等 式内社(名神大)
常陸国一宮
旧官幣大社
勅祭社
別表神社
札所等 東国三社
駐車場 有(鹿島神宮のサイトを確認)
サイト 有(http://kashimajingu.jp/

 

鹿島神宮のみどころ

 

手作り感が満載でちょっと見にくいですが、、笑

鹿島神宮のみどころを地図にまとめました。

※詳細の地図は鹿島神宮のWebサイトをご覧ください。

 

パワースポットが4ヶ所(①〜④)、

お楽しみスポットが4ヶ所(★)あります。

 

のちほど順番に解説しますので、

まずは、鳥居から本殿までの道のりをお楽しみください。

 

正面の表参道入口にある大鳥居です。

 

関東一と言われているパワースポットの1つだけあります。

立派です!

 

参道を進むと楼門につきました。こちらも立派!

 

角度を変えて楼門を撮影。

 

境内に入り少し進んで左手に仮殿がありました。

んんっ?

仮殿もなかなかのパワースポットですね。

 

仮殿の向かいには本殿がありました。

一番の目的地に到着です!

夕方近くに行ったにもかかわらず、

参拝客でにぎわっていました。

 

はじまりの地、レイラインの東端とも言われ、

人生の転換期に訪れると良いという
うわさをききつけた人たちが

いっせいに鹿島神宮へ参拝に来ているのでしょうか。

 

 

鹿島神宮のパワースポット

鹿島神宮の4ヶ所のパワースポットについて、

それぞれ解説いたします。

 

鹿島神宮の本殿

武甕槌神の和魂(おだやかな魂)が祀られている本殿です。

すぐ左手にはこのようなものがありました。

 

 

鹿島神宮の奥宮

武甕槌神の荒魂(荒ぶる魂)が祀られているのが奥宮です。

天然記念物である鹿島神宮の森のなかにあります。

 

 

鹿島神宮の要石

ん?これが石!?

思わず目を疑いました。

頭がちょんと出ていますが、、

石の全容がわかりません。

江戸時代、水戸黄門が疑問に思い、
七日七晩工夫に掘らせたけれど掘りきれず、
事故も多発したので取りやめたそうな。

 

地震を抑えるエネルギーがあるそうで、
武甕槌と大ナマズの伝説が残っています。

 

エネルギーが地中に伸び
地球の真ん中まで通じるかのような
まっすぐのエネルギーを感じました。

 

 

鹿島神宮の御手洗池

御手洗池は、鹿島神宮のご神水がこんこんと湧き出る場所です。

※画像で人が並んでいるところがご神水をくめる場所

 

年初に総勢200名で「大寒禊」が行われ、

穢れを祓う場所でもあります

 

池は透明度が高く澄みきっていました。

 

 

鹿島神宮のお楽しみスポット

鹿島神宮の3ヶ所のお楽しみポットをご紹介します。

 

ご神水がくめる御手洗池は
先ほどご紹介したので割愛します。

 

甘味処「一休」

鹿島神宮のご神水を使った
食事をいただけます。

ぼくは米麹の甘酒と
みたらし焼きだんご
をいただきました。

他にはお蕎麦など食事も食べられます。

お土産はずっと欲しかった
竹炭を買いました。

大ぶりの竹炭で
パワーを感じます。

 

鹿島神宮の森(天然記念物)

鹿島神宮の森で癒されましょう。

天然記念物にも指定されている
波動の高い空間です。

心を解き放ち、ひと時の静寂に
身をゆだねましょう。

森林浴でリフレッシュ♪

 

 

鹿島神宮のおみくじ

おみくじを引いたら
「半吉」がでました。

 

半吉というのをはじめて引いたので
調べてみると、運勢自体はあまり良くない。

 

大吉>中吉>小吉>吉> 半吉>末吉
>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

の順番だそうな。

 

けれど半吉がおみくじの中に入っている
神社が少ないので、

滅多にお目にかかれないレアおみくじを
ゲットできて嬉しかった♪

 

ちなみに、

おみくじに半吉が入っているので有名なのは
浅草の浅草寺だそうな。

 

他にも、おみくじのある社務所には、
相川七瀬さんがデザインした
御朱印帳があります。

一緒に行った御朱印マニアの友達が
ゲットしていました。

 

武甕槌大神さまに鹿島神宮に来たら?と呼ばれたきっかけ

2017年の夏。

ぼくは、ある言葉を突然口ずさみました。

「タケミカヅチ、タケミカヅチ・・」

なんのことか意味がわからず、
ためしにググってみました。

すると・・・

武甕槌(タケミカヅチ)

と検索ワードがヒットしました。

なんと!?
実存する神様の名前ではないですか!

これはタケミカヅチさまに呼ばれているな、
と思いまして、、

まずは近場の相州春日大社さんにご参拝して、

いつかは鹿島神宮に行こうと
決めていたのでした。

 

鹿島神宮の武甕槌大神とは

勝負事の神様、最強の武神、雷の神様

経津主神(刀剣の神)と一緒に地上界に降り立ち
大国主命に交渉をして国を譲り受け、
圧倒的な強さで神々を平定された武神

 

鹿島神宮のスピリチュアル!エネルギーを言葉に

恒例となりました、

ぼくが神社に参拝したときに感じ取った

スピリチュアルなエネルギーを言葉にするコーナーです。

 

鹿島神宮の本殿

全身びりびりと電気が走るかのよう
雷のエネルギーが体じゅうをめぐっています。

鹿島神宮に参拝したあと、

人生の行く道が大きく変わりました。

 

「まだお前は自分を苦しめて生きているのか。

その生き方を手放し、
自分らしく本気で生きたらいい」

と言われているかのようでした。

 

その後、ずっと繰り返して手放せないでいた
自分を苦しめる生き方をあきらめる
選択をしました。

 

鹿島神宮の奥宮

大海原のエネルギー
大きなものに心が包まれて広がるかのよう。

すべてが許されるかのような
あたたかい母なる愛のエネルギーを味わいました。

だれでも、自分らしく豊かに生きられる

それはあなたの心の在り方しだいだと
言われているかのようでした。

 

 

本殿はタケミカヅチ神の「和魂」(穏やかな魂) で、
奥宮はタケミカヅチ神の「荒魂」(荒ぶる魂) ですが・・

ぼくにはまるで正反対のエネルギーを感じました。

 

もしかすると、ぼくにとっては、、

荒ぶっている状態が”ふつう”
なのかもしれません。笑

 

鹿島神宮のご参拝するにあたって、さいごに

鹿島神宮は見どころが盛りだくさんなので、

時間にゆとりを持ってご参拝するのがオススメです。

 

近所の人でない限り、

これだけのパワースポットへは

なかなか訪れる機会がありません。

 

しっかりと受け取る気持ちを持って

行くといいですね♪

 

また、東国三社として

残りの二社である「香取神宮」「息晒神社」も

めぐるといいかもしれません。

東国三社を制覇して、

さらなるご利益をいただきましょう!

 

神社関連のおすすめ記事

みそぎ神社のご利益で心身ともに身軽になりましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。