ジョコビッチの食事でダイエット!?にわかマネをして、グルテンを減らしよい油を摂取した結果

「えっ!?こんな簡単にダイエットできるの!信じられない。。」

 

短期間でダイエットに成功したので、ノウハウをお伝えします。

スポンサードリンク

ジョコビッチの本を読みました

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」を読み、感化されました。

 

 

本を読んでの気づきが3つありました。

  1. 小麦を多く摂取していた結果、グルテンの消化不良状態が慢性的につづき、胃腸に負担をかけていた
  2. 小麦や砂糖を減らす代わりに、オメガ脂肪酸や中鎖脂肪酸などを増やし、日々のエネルギー源をぶどう糖からケトン体に変えると良い
  3. プロのスポーツ選手だけでなく、”何かしらの分野のプロ”には、日々の心身をベストな状態に整えておくのは大切なことだ

 

ジョコビッチさんは、グルテンフリーを2週間試すことをおすすめしていました。

 

ぼくは自分で人体実験をするのが好きです。

 

「よし!グルテンフリーをやろう!」

 

と早速チャレンジしました。

 

↓書籍「ジョコビッチの生まれ変わる食事」のリンク

 

 

グルテンフリーから減グルテンに

最初は、グルテンフリーを目指しました(最初だけね)。

 

が、すぐに断念しました(笑)

 

グルテンフリーをきっちりやるなら、外食なんてできないよ。笑

ほぼ何にでも小麦は含まれているから。

 

パン、パスタ、ピザをはじめ、和食料理にも入っていたりします。

 

最近はメニューに含有物が記載されているので、すぐにわかります。

(大○屋のほとんどのメニューに”小麦含”の表記が。。。)

 

結果、、、グルテンフリーのレストランを見つけない限りムリと断念しました。

 

完全なるグルテンフリーをするには修行的で苦しそう。

グルテンフリーと同時にストレスフリーは実現できそうにない。

 

ならばと、グルテンを減らすことにしました。

(負荷はかけないのがぼくの価値観です。笑)

 

減グルテンに伴い、以下を見直しました。

  • 毎日のように食べていた菓子パン(木○屋の蒸しケーキなど)➡️完全に辞める
  • 毎朝の食パン➡️1枚に減らす
  • グルテンメインの食事➡️極力減らす(食べても一食にする)

 

 

エネルギー源をケトン体にチェンジ

人間のエネルギー源はブドウ糖とケトン体のふたつがあります。

 

これまで医学界では、ケトン体は人間を酸化させる代謝における危険物質として悪者扱いされていました。

 

近年、糖尿病治療において効果が認められ、認識が改められました。

詳しくは →  https://emira-t.jp/ace/1510/

 

オメガ3や中鎖脂肪酸を摂取することで、ケトン体が活躍しやすい体内環境を作り上げられると。

 

オメガ3や中鎖脂肪酸は”よいアブラ”から摂取できると知りました。

 

よいアブラって??

 

 

油を飲むとダイエットになる??

日清オイリオさんが発売している、エゴマ油、あまに油、中鎖脂肪酸油の3つを購入。

 

普段サラダでかけていたドレッシングを辞める。

 

代わりにオリーブオイルと食塩に変更し、これらの油も加える。

 

で、2週間経ったくらいに、お腹まわりがスッキリしていることに気づく。

 

ご飯を食べたあとしばらく続いた胃もたれや、お腹の膨満感が減少しているような!?

 

半信半疑のまま、同じような食生活を継続。

 

1ヶ月が過ぎた頃に体重を測るとびっくりするような数値が!

 

体重が3kg減、体脂肪率が3%減していました!

 

去年、かなり苦労してダイエットしたのに、、、

 

たった1ヶ月でおどろきの結果となりました。

 

今後どうなっていくのか楽しみです!

 

健康、ベストコンディション、最高のパフォーマンスを発揮できる心と身体を整えるのがぼくの楽しみなので。

スポンサードリンク

タイトルとURLをコピーしました