瞑想における呼吸法の大切さとおすすめの呼吸法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瞑想における呼吸は基本中の”キ”です。

呼吸が深まることで、
あなたの瞑想力はぐんとパワーアップします。

今回は、瞑想における呼吸の大切さと
おすすめの呼吸法についてお話いたします。

スポンサードリンク

瞑想における呼吸とは

瞑想では「呼吸」が一番のポイントです。

呼吸を意識することでリラックスが得られ
瞑想が深まります。

それによって、瞑想の効果も実感しやすいです。

瞑想と呼吸とはきってもきれない関係なのです。

 

呼吸の基本

呼吸の基本は「鼻呼吸」です。

①鼻から吸う
②鼻から吐く
これを繰り返します。

 

鼻呼吸が苦しい人は、「鼻から吸って
口から吐く」でやってみましょう。

無理なくリラックスしてできるやり方で
呼吸をしましょう。

また、疲れやストレスが溜まっている人は、
一度「ハーッ」と大きくため息をつくように
息を吐き出してみてください。

体の中の空気を吐き切るのがポイントです。

吐き切ると自然に息を吸い込めます。

瞑想前に呼吸をととのえるとよい理由

瞑想の前に呼吸を調えると
スムーズに瞑想に入れるようになります。

なぜでしょうか?

呼吸により自立神経が整います。

人間は活動しているとき交感神経が優位になっています。
意識的に呼吸をすると、交感神経と副交感神経のバランスが調整され
心も体もリラックスできるのです。

運動する前にはストレッチをして体をほぐしてから行いますよね。
心のスポーツである瞑想の前に、呼吸という心のストレッチで
ほぐしてあげるといいのです。

あと、代謝が良くなりからだがぽかぽかあたたまります。

呼吸法で準備体操をしてから、
瞑想に入るのがオススメです♪

 

瞑想状態

瞑想の効果を実感しやすいのが「瞑想状態」です。

人間の意識状態を4つに分けると以下のようになります。

  1. 緊張
  2. リラックス
  3. 瞑想
  4. 睡眠

瞑想状態は、リラックスと睡眠の間に位置しています。

朝起きた時、頭がぼーっとしていますよね。
体は起きているけど、脳みそが寝ている(働いていない)感じ。

”意識はあるけれど、寝ているような感じ”
それが瞑想状態です。

そこに持っていくには、リラックス状態のさらに深くまで
行くがあります。

なので、瞑想する前に呼吸をととのえリラックスしておくと
スムーズに瞑想状態まで行きやすくなります。

 

瞑想に適した呼吸法とは

呼吸のやり方を「呼吸法」といいます。

呼吸法は、古今東西星の数ほどあります。

瞑想はちょっと敷居が高いという人にも、
呼吸法だけでも十分効果があります。

数ある呼吸法の中からぼくオススメの
瞑想に適した2つをご紹介いたします。

 

腹式呼吸

お腹で呼吸するやり方です。

通常呼吸する時は横隔膜のある胸式呼吸ですが、
腹式呼吸はお腹まで空気を入れる意識で行います。

 

[やり方]

①息を吸う時にお腹を一緒に膨らませ
お腹にまで空気を吸い込む。

②吐く時にお腹を凹ませ、
お腹の中の空気を出し切る。

言うのは簡単ですが、
やってみると意外に難しい。

はじめはうまくお腹が動かないです。

うまくできていなくてもいいので、
慣れるまではお腹を動かすイメージをしながら
ゆっくりとやってみましょう。

【おすすめ】腹式呼吸のコツをつかむために

ひと昔まえに話題になった
美木良介さんの「ロングブレスダイエット」など
試してみるといいかもしれません。

 

片鼻呼吸法

右指で鼻を押さえ、片鼻ずつ呼吸をするやり方です。

片鼻呼吸法はヨガで使われるやり方で
左半身と右半身を交互にととのえていけます。

やり方が2種類あるので
それぞれご紹介いたします。

 

[やり方(初級編)]

①右手の人差し指と中指を折り曲げます。

②親指で右鼻をおさえ左鼻で息を吸います。

③指はそのままで、左鼻から息を吐きます。
※これを2、3回繰り返します。

④親指を右鼻から離します。

⑤薬指と小指で左鼻を押さえ右鼻で息を吸います。

⑥指はそのままで、右鼻から息を吐きます。
※これを2、3回繰り返します。

 

[やり方(上級編)]

①右手の人差し指と中指を折り曲げます。
親指で右鼻をおさえ左鼻で息を吸います。

②親指を右鼻から離し、薬指と小指で左鼻を押さえ
右鼻から息を吐きます。

③息を吐き切ったら、指はそのままで右鼻から息を吸います。

④薬指を左鼻から離し、親指で右鼻を押さえ
左鼻から息を吐きます。

⑤息を吐き切ったら、指はそのままで左鼻から息を吸います。

このあとは同じ繰り返しです。

 

片鼻呼吸法オススメの動画

片鼻呼吸法のわかりやすい動画あるので共有します。

ぼくは登場しませんが、よかったら参考にしてください。

https://youtu.be/WComu0qigxw

 

さいごに

いかがでしたか。

呼吸をととのえることは
あなた自身をととのえることです。

瞑想のときだけでなく、
日常生活に取り入れるのも有効でしょう。

落ち着きやリラックスを感じ、
さらにはよい引き寄せもあるかもしれません。

日常生活で呼吸を意識するとどうなるか?
については機会を改めて書いていきます。

あなたの瞑想力が呼吸によって
パワーアップしますように。

どうもありがとうございました。

 

この記事を読んだ方がよく読むオススメ記事

瞑想に合うアロマオイルとは?

瞑想をしていると体が揺れるのはなぜ?

シンプルな瞑想法を3つ紹介します。

深い瞑想に入るコツとは?

呼吸がしやすくなる”靴”があります!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。